サイト訪問ありがとうございます。コツコツとサイト内の情報を増やしていっています。現在は特別支援教育ー業務効率化ー専門性向上ー生成AI活用をつなげる研究活動に集中しています💻興味がある、一緒に研究したい方はご連絡ください💡

【AI先生】GPTsの育成記録【作業記録】

記事の要約

昨年11月、チャットGPT 4に「GPTs」という画期的な機能が追加されました。この機能は、特定のデータを学習させて専門的な知識や応答を生成できる「先生」や「コーディネーター」を作ることができます。この記事のシリーズでは、その創造プロセスと、画像生成からブログ記事作成まで、GPTsがどのように活用できるかを探ります。特に、教育、安全対策、個人行動分析などの分野での応用事例を紹介し、その可能性を探ります。

やりとりの要約

  • A: 去年の11月にチャットGPT 4に「GPTs」っていう新機能が追加されたんだよね。これがすごいんだ。
  • B: そうそう、特定のデータを学習させることで、専門的な知識を持つ「先生」を作れるんだよね。
  • A: 実際にいくつか作ってみたんだけど、教育指導要領や安全対策データ、個人の行動データを学習させてみたよ。
  • B: 操作は簡単だった?
  • A: とっても簡単。大事なのは、どんなデータを学習させるかってことだね。
  • B: 画像生成機能も使ってみたの?
  • A: うん、ルノワールの絵の雰囲気にするとか、ドット絵に変えるとか、いろんなリクエストに応えてくれたよ。

記事の詳細

昨年11月、チャットGPTのバージョン4に「GPTs」と呼ばれる革新的な機能が追加されました。この機能により、ユーザーは特定のデータセットを基に専門的な「先生」や「コーディネーター」を自由に作成できるようになりました。本記事では、その作成プロセスと具体的な使用例を紹介し、AIの新たな可能性を探ります。

GPTs機能の魅力は、教育、安全対策、個人の行動パターンなど、さまざまな分野のデータを学習させることができる点にあります。これにより、ユーザーは自分だけのカスタマイズされたAIアシスタントを持つことが可能になります。また、操作の簡単さも大きな魅力の一つで、複雑なコーディング知識がなくても、直感的にAIを育成することができます。

さらに、GPTsは画像生成機能も備えており、ユーザーのリクエストに基づいて多様なビジュアルコンテンツを作成できます。たとえば、特定の写真を絵画やドット絵に変換することが可能です。これにより、デザインスキルがないユーザーでも、創造的なアイデアを視覚的に表現できるようになります。

これから、GPTs活用して、教育や安全対策、個人行動分析の分野でどのように役立てることができるかを具体的に紹介していきます。AIのこのような進化は、私たちの学習、創造、コミュニケーションの方法に革命をもたらす可能性があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました